まさかの、インスタ全削除?しちゃったランコムミューズ、戸田恵梨香の言い分。

まさかの、インスタ全削除?しちゃったランコムミューズ、戸田恵梨香の言い分。

冗談抜きで、めっちゃ潔いいねん!この人って思った。

なんか、何をやってもかっこいい女性って、この人のためにある言葉かも。

女性らしいんだけど、男性っぽいんだよなぁ。

shinamonはずっと彼女の大ファンです。

さすが、日本人初のランコムミューズに就任された人は違うよね~」とちょっと感動してしまったかも。

みーんな消してしまって、今、彼女のインスタを開けるとこんな画面なの。

もう、寂しいとか通り越して、「あっぱれ!!」って感じ。

でも、正直、10月から始まる、新しいドラマの番組宣伝を狙ったのかな?とも思った。

なんせ、若年性アルツハイマーの女医さんの役を演じるんだしね。ムロツヨシ氏と。

え・・・つまり。本当に若年性なんちゃらになってしまったのかな?演技でもなくて。

いやん。縁起でもない!!ってくだらんおやじギャグを思いついてしまうようでは、

私、shinamonのほうが、ボケてきてしまっているのかもね。(ほんまくだらなくてすみません)

スポンサードリンク

いや、ちょっと、彼女の言い分を聞いてみましょうよ。

以前、彼女はインタビューでこのようなことをおっしゃっていました。

「30代は楽しみ」

そう笑いながらいう彼女の活躍ぶりは、皆さん周知のとおりだけど、果たして、世の中の女性の何割くらいが

「30代は楽しみ」と心から思えるのだろうか?

30歳を迎えた時に決めたのです。今までの考え方や持っているものを出来る限り捨てる。

(toda_erika.official Instagramから抜粋)

彼女は、今年の8月17日に30歳になったばかり。

どんどん、価値観をアップグレードさせていきたいのかな。確かに、いつまでも古臭い固定観念とか、

自分の狭いせまーいい視野にとらわれてばかりいて、縛られてばかりいては、

いつまでたっても、新しい自分にはめぐり合えないとは思うし、

ましては、女優、それも超人気女優さんなので、

常に、自分の殻を破って、進化していくのは、ファンとしても、彼女自身としても、いいことでしかないのは確か。

更に進化する為にリセットする。40歳へ向けていざ!!!!

(toda_erika.official Instagramから抜粋)

ふと、shinamonも考えてみたんだけど、いかんせん、shinamonは20代が苦痛でしょうがなかったので、

ようやく、新しい「30代」という階段を上れると分かったときは、

確かに、楽しみというか、

ホッと安堵の気持ちがあったのは正直なところ。

絶対、20代とは違ったことをしてやろう!!って意気込みだけはすごかったし、

その後、本当に普通の30代女性じゃなかなか、こうは歩まないだろうと思うようなこともやってきた。

彼女のインスタの画像を見て、この気持ちが本物かどうかは分からないけれど、なんか、

shinamonも常に、更に更に進化していきたいと思っているので、

前向きにまっさらな気持ちで毎日を楽しく過ごしたいな、とは思ったね。

戸田さん、次のドラマもかなり期待していますので、その演技力で、魅了しまくってくださいね!!

だけど、ちょっとだけ思ったのが、何も、10代や20代の積み重ねてきた人生経験を、全てリセットする

必要はなくて、捨てる必要もなくて。

10代や20代のときでしか得られないものも沢山あるから、その身につけたことは

これからも大切にしていってほしいなって個人的には思う限りです。全部は捨てないで欲しい。

戸田さんらしさがなくなってしまうのは、スクリーン越しで見えてしまうとあまりにも寂しいからね。

それにしても、こんな女性とお友達になりたいなぁと思うのでありました。

スポンサードリンク

 

View this post on Instagram

 

戸田恵梨香さん(@toda_erika.official)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

戸田恵梨香さん(@toda_erika.official)がシェアした投稿

人生は長いようで短い。

限られた時間の中で、自分には何ができるだろう。

何を成し遂げたいだろう。

そして、成し遂げるために、何かに遠慮して生きてはいませんか。

全く必要でないのに、人の顔色をうかがってはいませんか。

誰かの引き立て役になることで、自分の存在意義を確認してはいませんか。

かつては、私もそうでした。でも、もうそんな自分からは卒業したい。

だからこそ、このサイトを立ち上げました。

自分の人生は1度きり。誰かの人生ではなく、自分の人生を生きる準備は出来ていますか。

もし、まだ出来ていない人がいるのであれば、そろそろ、腹をくくるべき。

一緒に、それぞれの「自分の人生を生きていきましょう」

liberty-okay-media~自分の人生を生きようよ~

芸能人カテゴリの最新記事