石田純一の子供のすみれも限界を感じさせた「バカキャラ」について。

石田純一の子供のすみれも限界を感じさせた「バカキャラ」について。
「ずっと芝居してましたね。(画面上は笑っているけど)笑ってない、ずっと笑ったふりだった。バカキャラを作ってた」

女優、すみれ(27)が18日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます! 2時間SP」(後9・0)に出演。日本のバラエティー番組に出ていた頃は「バカキャラを作っていた」と告白した。

また、地声は低いほうだというが「日本にいたらみんなアニメみたいな(高い)声がかわいいってイメージだったから、変えなきゃだめなのかなって思って、バカキャラを作った」と声の高さやキャラすら作っていたという。

こんなニュースを目にしました。

スポンサードリンク

最近、石田親子は本当にいろいろと良くも悪くも世間を騒がせてくれますね(笑)

今日は、石田純一の娘、すみれについてです。

て、いうかさ。バカキャラってそもそも何なの?

こんな疑問が私にはわきます。

天然とか、クイズ番組に出演した時に、わざとボケた珍回答を連発して、周りをシラケ笑わせて盛り上げたりしてくれるキャラのこと?昔で言うたら、木下ゆきなとかスザンヌとか、ローラとか。あのあたり。

・・・いや、あのね。

「バカキャラって頭悪い娘で演じられないから!!」

バカはバカなんですよ。でもね、「バカキャラ」は頭良くないと演じるの難しいんですよ。だって、本当に周りが笑い→ドン引きになる空気を計算して、そのドン引きになるギリギリで寸止めしないといけない。

クイズ番組だってそう。あの娘達は「正解」を知っている。知っているんです。その上で、いかに周りに他人様よりも自分に注目してもらうために、一瞬で珍回答考えて、それで発言しているんです。

こんなの、普通の娘で出来ますか?ブラウン管で。ちょっと冷静に考えてみれば分かる話じゃないですか。そうなんですよ。でないと、誰も注目するどころか、そっぽ向いてしまう。その引き際というか駆け引きが非常に難しい。

スポンサードリンク

そしてね、バカキャラやってても、ちょっとした会話の振りとか、立ち振る舞いとか、出演者に対するフォローの仕方、間の取り方等で、頭良いのはバレてるの。出演者はもちろん、視聴者もそんなにおバカじゃないの。

でもね、本当のお馬鹿さんは、バカ「キャラ」を演じていると思っているのは当の本人様だけで、本当に「バカ」なの。周りにバレているんですよ。

あと、アニメキャラみたいな高い声なんて出さない方がいい。

もう、疲れるだけです。20代ならともかく、30代でそんなんやってても、誰も可愛いなんで思ってもらえない。ただのイタイおばちゃんになっちゃうし。

すみれに限らず、みんなもっと自然体で生きていきましょうよ。

自分の人生を生きるためには、「演技」とか「ぶりっこ」とか「いいこちゃん」とか絶対卒業したほうがいい。自分で自分の見えない鎖に縛られちゃって、あとでとんでもない後悔しちゃうだけなの。私もそうだったんだから!!

とくに、すみれのような帰国子女にこんなキャラやらす事務所もどうなんだよ!!

まとめ

世間でもいる、バカキャラ演じる人。というか、私も実はよくやっていた。

アラサーのときまで。結構イタイアラサーでした(笑)

けど、バカキャラやらないとうまく立ち回れないとか、めんどくさいこと避けたいとかあって、やらざるを得ない場面は今まで結構あった。そして、疲れて、爆発した。これは、若い時限定。続かない。なので、決してこれはオススメ出来ない。

ここの読者の方は、そんなことしなくても、もっと論理的にかつ戦略的にうまく立ち回れる方法を伝授します。なので、たまには顔をのぞいてやってくださいね。

そして、すみれさん。海外ではあなたらしく本来の自分でのびのびと活動していってください。かげながら応援しています。自分より2回りくらい年の離れた異母兄弟が出来て心中おだやかでは無いと思いますけど・・・

スポンサードリンク




芸能人カテゴリの最新記事