昭和の日とは何ですか。もし、子どもに質問されたらあなたならどう答えますか。

昭和の日とは何ですか。もし、子どもに質問されたらあなたならどう答えますか。

今日は、国民の祝日です。そう、みどりの日ですね。

でもどうやら、みどりの日が無くなってしまって、変わりに「昭和の日」と呼ばれるようになるんですって。

今日は、そんな、「平成生まれの子どもたち」からしたら、謎のベールに包まれているであろう、「昭和の日」について。

スポンサードリンク

子どもから、「ねぇ、昭和の日ってなぁに?」無邪気に聞かれても、子どもの立場で分かりやすく答えてあげたい、shinamonと同年代の親御さんに向けて書かせて頂きます。

昭和の日については、ちょっとややこしい由来があるそうで。

4月29日の昭和の日は、もともと、「平成」の前の「昭和」という時代の天皇、昭和天皇の誕生日で、「天皇誕生日」と呼ばれているんですね。

1989年に昭和天皇がお亡くなりになられたのをきっかけに、「みどりの日」になったそうです。

それまでは、5月4日が「国民の休日」でした。

みどりの日に制定された1989年の当初も、「昭和記念日」という別の案が出されていたのですが、野党の反対によって却下されてしまいました。

ですが、やっぱり、国民は「昭和」と言う言葉を愛していました。

2007年にやっぱり「昭和を残そう!!」という考えに基づいて、議論が続いたんです。

改正案が出されては、秘訣され、出されては否決され・・・を繰り返しましたが、国民の想いが届き、4月29日のみどりの日は「昭和の日」となり、みどりの日は5月4日に移動することになったのです!!

ちなみに、みどりの日とは、昭和天皇が緑を大変愛している植物家なことから、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としています。

また、環境問題の重要性を強調することも示唆されています。

スポンサードリンク

子どもに「じゃぁ、昭和ってなぁに?」って聞かれたら・・・

子どもというのは、「質問攻めして手をわずらわせるなんにでも興味を持つ」めんどくさい可愛いものですよね。

せっかく、親らしく、バシっ!!と答えを決めてあげても、「じゃぁ、昭和って・・・」って次から次へと質問がわいてくるもんなんですよ。好奇心旺盛なんだか、なんだか。

ほんとうにその頭の回転の速さを普段から活かしてくれたらどんだけ・・・って嘆きたくなる親御さんもいるのではないでしょうか。

当たり前すぎることほど、答えるのって難しいですよね。だって、自分は昭和生まれだし、昭和って何か?なんて考えたこともないと思いますもん。

今、みんなが過ごしているこの時代を「平成」と言いますよね。平成って、ほんと便利な時代になったと思います。平成=便利 平成=平和ってやっぱり思ってしまうのはshinamonだけですかね。

昭和時代は戦争もありました・・・

戦争が終わり、日本が敗北宣言をし、それ以降、日本に戦争は無い。高度成長を果たした激動の時代です。本当に、団塊の世代といわれている人たちの汗と涙と努力の結晶の集大成だと思います。

私達、日本人は「昭和」という時代について、決してスルーしてはいけないと思います。

shinamon、本当に戦争の無い時代に生まれてこれてよかったって思っています。

また、自分に子どもが出来たら、戦争なんて経験してもらいたくないとも思いますよ。

それに、昭和にはなんといってもスマホが無いんですもん。今となっては考えられないですよね。

当たり前に今ではテレビがカラーですけど、しかも、地デジだったりしますけど、昭和時代は白黒ですからね。リモコンが無いときもありましたし。

平成生まれの子どもたちにも、「昭和」と言う時代の背景について知っておいてもらいたいとも思います。

「今の当たり前すぎるくらい便利な世の中は、この、「昭和」という時代なくして成り立たないんだということを。」

生活カテゴリの最新記事