「13日の金曜日」というタイトルでリリースしているんだって。乃木坂46。

「13日の金曜日」というタイトルでリリースしているんだって。乃木坂46。

秋元先生は、どういう意味をこめて、このタイトルの曲を彼女達に提供したんでしょうね。

ちょっと興味が沸いたので調べてみようと思いました。

PVは横浜ベイサイドの504 ベイサイドキッチン前で撮影されたそうです。

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
http://www.31op.com/yokohama/

ちなみに、この曲のセンターは白石麻衣ちゃんでもなく、生駒里奈ちゃんでも無いようですね。

私は、乃木坂のメンバーはこの2人と、齋藤飛鳥ちゃんと、西野七瀬ちゃんしか知りません(苦笑)

なぜなら、一番好きなメンバーだったのは、橋本奈々未ちゃんだったんで!!(ドヤ顔)

ボブで初めてみたとき、あまりの可愛さ、スタイルの良さにひきつけられたものですから。卒業してしまって残念でたまりません。今頃どうしているんでしょうね。

しかも、弟さんの学費を稼ぐために、芸能界入りしたっていう苦労人なところも応援したくなりました。いやぁ、学費稼ぐために、超有名なアイドルグループに加入出来てしまうってところが、やっぱり、彼女の持っているものが強烈なんでしょうね。そういうのあると思うんですよ。

白石麻衣ちゃんも、美人で色白すぎて、私、あまりの美しさにずぅっと見入ってしまいそうです。

写真集も売れ行きすごいですよね!!パスポートでしたっけ。重版すごくされているそうで、女性から見ても、憧れてしまうの分かりますよ。

乃木坂46を卒業しても、女優さんとして活躍して欲しいとひそかに思っている女性です。彼女なら、いけると思います!!

私の個人的な趣味嗜好なんて、どうでもいいよって声が聞こえてきそうなので、この辺にしておきます・・・(笑)

スポンサードリンク




歌詞を読んでみて、考えてみました。

さて、歌詞を抜粋してみました。

スポンサードリンク

土曜の夜は彼と映画に行こう

ロマンスよりもホラーがいい

先週はボウリング 先々週は遊園地

好きになったら 飽きもせずデート中

13日の金曜日 今日は特別な日

どんな言い伝えも 私には関係ない

恋のつり橋 渡るように 一緒に怖がれば

ハート近づいて 2人はひとつになる

どうやら、この曲はあるメンバーから、「乃木坂46加入前のことで、初デートが13日の金曜日だった」という話を秋元さんが聞いて、歌詞を書かれています。

ひょっとしたら、センターの人の話なのかもしれないなと思いました。

本当かどうかは分かりませんが、初デートが13日の金曜日で、それなのに、不吉なことが起こるどころか、なんと、国民的アイドルグループに選ばれているんですから、やっぱり、ただの、根拠も何もない、ただの言い伝えだろうなって思います。

ちなみに、センターは誰かというと、「斉藤優里」です。

こんな人です。

可愛らしい人ですね。

まとめ

国民的アイドルグループのオーディションに応募してみる。その一歩、その一歩が大切なことだと思うんですよね。私だって、「まさか自分がアイドルグループのオーディションに合格する」なんて最初から自信満々に思えないですよ。

でもね。「一歩を踏み出す、その勇気がもてないと未来が明るくならないのも確かなんですよ」

秋元さんも、きっと、13日の金曜日にデートしたからって、チャンスをつかむ人はつかんでいるし、好きな人とデートしていたら、不吉な言い伝えとか迷信なんて忘れてしまうくらい、彼に夢中になるし・・・ってことを言いたいのだと思いますよ。

なので、やっぱり、「自分の人生を生きようよ」って事ですね。その、一歩です。

恋に夢中になっていることだって、自分の人生を生きているって実感がもてる瞬間だと思います。

まぁ、いつまで持続出来るかはさておき、ですが・・・え。余計なこと言うなって。

以上。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

音楽カテゴリの最新記事