【大学無償化】社会人にとって具体的にどういうメリットがあるのか。

【大学無償化】社会人にとって具体的にどういうメリットがあるのか。

「大学無償化 社会人」の画像検索結果

低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する大学等修学支援法が、

10日の参院本会議で与党と国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。

2020年4月から始まる。

(引用元:日本経済新聞)

これは驚きました。なんと、来年から早速!!

というより、消費税10パーセントに引き上げたのには、こんなところで・・・と思っていたら、もちろん、

それについても記載がありました。

財源は今年10月に予定する消費税率10%への引き上げ分を充てる。

安倍政権が掲げる子育て世代への支援拡充を柱とした「全世代型社会保障」の一環で、

与党は夏の参院選に向けて成果を強調するとのこと。

大学無償化は低所得者世帯を対象に大学などの高等教育の授業料減免と、

返済が不要な給付型奨学金の拡充を合わせて実施する。

(引用元:日本経済新聞)

なるほど。これ読んで思ったのが、

「なんともうらやましい」ってことかな。率直に言うと。

shinamon、ほんとうに家が貧乏で。

@まぁ、両親(主に父親)がギャンブル依存症だから、なんですけど。

とにかく、働かず、博打三昧だったので、当然家計は火の車。

大学進学はあきらめざるを得なかったshinamon。

下手したら、高校も公立に合格しなかったら卒業出来てなかったであろう、shinamon。

高校卒業して、いったんはフリーターを2年経験し、やっぱり普通のOLになりたいと

当時は考えて、奨学金(有利子)を利用し、専門学校へ2年間通ったshinamon。

奨学金は今も返済中のshinamon。。。

どうにかして、この法律があと、20年くらい前に出来ていたら・・・と思うと

正直、悔しくて仕方ありません。

支援対象は年収の目安が380万円未満の世帯の学生で、

授業料の減免や給付の水準には親の年収に応じて差を設ける。

文部科学省が設ける要件を満たした大学、短期大学、高等専門学校、専門学校が対象だ。

住民税が非課税の世帯(世帯年収270万円未満)とそれに準ずる世帯の学生の授業料を無償化する。

(引用元:日本経済新聞)

これはつまり、住民税非課税の世帯の人は、全額免除というわけで、

270万円~380万円未満の世帯の学生は全額免除ではないわけですな。

授業料減免の上限は国公立大が年間54万円、私立大が同70万円。

給付型奨学金は国公立大の自宅生が年間35万円、私立大に自宅外から通う学生は同91万円とする。

すべて、日本経済新聞の記事から抜粋しました。

スポンサードリンク

それに対して、世間の声を簡単にまとめてみると。

・低所得者は何かとお得だな。

・そんなんのために、消費税を上げ続けるのか

・Fランの大学に行くために無償化ってどうなん

・生活保護受給者はもちろん、母子家庭の人も対象内なのね

・低所得者を助けるために、税金を納めているわけではない。

・タダで大学行かせて働かず納税しなかったらどうなんよ

などなど・・・

まあ、なんか、あまりいい声は上がっていないんですよね。

ちなみに、ヨーロッパ諸国では、学費を払わずに大学に通えるところがあります。

デンマークやフィンランドあたりかな。

スポンサードリンク

なんだかんだで大卒はやっぱり有利なんだよね。

まぁ、shinamonのように、大学を出たくても出られなかった貧困家庭の人にとっては、

興味深い内容ではあるのかもしれません。

少なくとも、shinamonはいまからでも行けるなら大学には通いたいです。

学歴コンプレックスというか、まぁ、人生で1番後悔していることなので。

大学に行く意味ってあまりないのかもしれない。

正直、高学歴だからといって、社会で勝ち組になれるのか?と言われれば、

一概にそうとは言えない。

だけど、やっぱり、学歴が自分の身を守ってくれることは山ほどあるのも事実だから。

大卒でしか就けない仕事があるのがまさにそう。

大卒と高卒と専門学校卒では、給与に差が開くのもそう。

やっぱり、学歴はあるにこしたことは、ない。

会社員で生きていくのならば。

大学無償化の対象条件に年齢制限はあるのか?

やっぱり、これが気になりますよね。

だって、社会人でも大学に行って、学びなおしたい人は一定数いるはずです。

例えば、大学をなんらかの事情で中退した人とか。

ただ、残念ながら、社会人大学に通おうとする人は対象外ですね。

スポンサードリンク

なぜなら、高校卒業から2年を過ぎた学生は、対象外になるからです。

あーあ・・・

まとめ(shinamon個人の見解含む)

今回は、大学無償化に対して書かせて頂きました。

これからの時代、ますます多様化が進むわけですけど、AI時代もやってくるわけですけど、

賛否両論ありますよね。自分の所得をわざと低く設定する人だって今後出てくるかもしれないし。

あと、大学無償化が進んでも、やっぱり我が家のような貧困家庭、

つまり、住民税非課税の世帯の親は、正直な話、

大学に行くメリットを感じられないというか、わからないであろうから、

高校卒業したら、さっさとどこでもいいから就職させたがる親は一定数いるはずです。

でも、長い目で見た時の生涯賃金をみたら、大卒と高卒の差は歴然なんですけど、

やっぱり貧困家庭の親って、長期的に物事を考えることが苦手なイメージがあります。

なぜなら、親自身もちゃんと教育を受けていないから。

まともに教育を受けていないと、やっぱりお金を稼ぐってどういう手段を取るといいのか

なかなか自分で判断つきにくいとshinamonの親を見ていると痛感してしまいます。

shinamonの両親は中卒です。

もちろん、一概には言えませんけど。

今後も、この問題は見守り続けようと思っています。

スポンサードリンク

お金カテゴリの最新記事