超一流と一般人におけるか【休日】の違い。超一流が意識的にしていることとは?その①

超一流と一般人におけるか【休日】の違い。超一流が意識的にしていることとは?その①

 

突然ですが、超一流の人ってどんな人を指すのでしょうか?

shinamonは、超一流の人のイメージは仕事とプライベートを切り離していない人、

そして、これは知り合いの超一流、いわゆる「成功者」の人を見てきて断言しますが、

成功者に共通している特性は、人一倍の不安症です。悪い想像ができない人間は成功者にはなれません。

悪い想像ができるからこそ、徹底的に考え抜き、徹底的に行動、遂げる努力し続けるのだと思います。

そう、継続して。

では、やっぱり「超」とつく限りは普段から、何か特別なことをしているのでしょうか?

shinamonといえば、今年は、本当に台風が多くて、せっかくの休日だというのに、外にも出かけずに、

家でごろごろするだけで、1日を過ごしてしまいました。

あまりにももったいなく感じましたが、ネットサーフィンをして結構な数の情報を習得しました。

このサイトにもアウトプットできそうです。

スポンサードリンク

超一流の人であればこんなことはしないであろうこと。

まさかとは思いますが、未だに、残業自慢をしていたり、

休日出勤する自分に酔いしれて、「オレ、私、忙しい忙しい」とデキるビジネスパーソンに酔いしれて

周りの賞賛コメントを求めているような、ダサい・・・失礼。

かっこいい自分を演じて、勝手に1人で自己満足していません・・・よね。

とにもかくにも、残業や休日出勤が大大大キライなshinamonは、

いかにして、定時の18時ピタで

「お疲れ様でーす!!」と会社から少しでも早く出ることしか考えていないわけです。

そして、もちろんですが、ランチタイムは何がどうなってようと、1時間きっちり休息をとって、近くの

CAFEやおいしそうなお店に入って、一人でぼんやりとリフレッシュしています。

これは、いかなる場合でも、そうしてきています。

周りからは総スカンくらっているかもしれませんけど、休み時間まで仕事をする概念が全く無いんですよ、私。

メリハリつけないと、仕事上でハイパフォーマンスは出せないですしね。

ですが、本当に、いるわいるわ。残業してお金と時間を確保しようとする人。

だってさ、心身ともに休息させて、リフレッシュさせないと、もたないよ、正直。

超一流と呼ばれるような方々が重視していること。

超一流=成功者と呼べると思いますが、

成功者と呼ばれるような方々が、仕事よりも休みを重視した生き方をしていることに気づきました。

まぁ、そうなるわな。って感じなんですけど。

スポンサードリンク

大体の一般人が、成功者と呼ばれていることと反対のことをしているわけと思うんですよね。

つまり、「休みよりも仕事を重視した生き方をしている」というわけですな。

だからこそ、凡人で終わってしまうわけなんですけど。

これ言ったら身も蓋もないですけど、仕事に追われている間は、成功者になることは難しいと思うんですよ。

そもそも、休日、いや休みって・・・なに???

そもそも休みとは、「心身の疲れを取り、コンディションを整え、パフォーマンスを上げる行為」です。

働く現代人に置き換えれば、休みは、仕事の成果を上げるために日頃の疲れを取り、心身の調子を整え、

休み明けにいいスタートダッシュを切るための準備ともいえます。

だけど、日本人って、真面目だからか、ムリに頑張ることが美徳とされている風潮が残っているとも言えます。

「頑張る=素敵なこと」って結びつけるのも、どうかと思うんだけど。

頑張り方を間違っているとしたら、ただの、迷惑な人になりかねないとも思うですよね。。。

超一流の人は失敗を糧にさえ出来る

余談ですが、超一流の人は、自分のヴィジョンの実現もありますが、

それ以上に、「不安を解消する為」に、行動を起こす人間と逃避する人間がいます。

特に、ほぼ全ての人間は現状のままに安心と居心地の良さを感じますので

チャレンジしないのはある意味人間らしい状態です。

コンフォートゾーンという言葉がありますよね。

科学的な説明では、コンフォートゾーンは「不安レベル」と関連しているといわれています。

不安にならない行動範囲が、その人のコンフォートゾーンです。

休日を満喫することもなく、「俺、私忙しいアピール」をやたらしてみたり、

休日出勤や残業をやたらとしてしまう

ワーカーホリックなのかなんなのか良くわからない行動をとっている人は、

ある意味、コンフォートゾーンの外には出られない、もしくは、出られないのかもしれないですね。

超一流とまではいかなくとも、コンフォートゾーンから抜け出る勇気をもつことは大切だとshinamonはかんがえます。

自分の人生を生きるためにも。

~~~~~~~~~~~~~

人生は長いようで短い。

限られた時間の中で、自分には何ができるだろう。

何を成し遂げたいだろう。

そして、成し遂げるために、何かに遠慮して生きてはいませんか。

全く必要でないのに、人の顔色をうかがってはいませんか。

誰かの引き立て役になることで、自分の存在意義を確認してはいませんか。

かつては、私もそうでした。でも、もうそんな自分からは卒業したい。

だからこそ、このサイトを立ち上げました。

自分の人生は1度きり。誰かの人生ではなく、自分の人生を生きる準備は出来ていますか。

もし、まだ出来ていない人がいるのであれば、そろそろ、腹をくくるべき。

一緒に、それぞれの「自分の人生を生きていきましょう」

liberty-okay-media~自分の人生を生きようよ~

生活カテゴリの最新記事