自分の幸せのために生きることは、わがままなことなのでしょうか?

自分の幸せのために生きることは、わがままなことなのでしょうか?

shinamonは、たまに、じぶんのこと「だけ」考えて生きていけたら、

どんなにラクだろうと思うことがある。

相手のこととか、家族のこととか考えず、

どうなってもいい。

「自分さえ良かったら・・・」って考えて動きたくなることがある。

いや、正直、人間、せっぱつまれば、誰しもそうなのだろう。

いや、せっぱつまらなくても、日常的にそうなのではなかろうか。

それって、そんなに悪いことなのだろうか・・・と思ったことはありませんか。

shinamonは、もちろん、あります。

今日は、ふとそんなことを思ったので、書かせて頂きます。

スポンサードリンク

自分の幸せのために生きたいだけど、、、

誰かの顔色をうかがってしまう自分がいる。

やっぱり、shinamonの場合、常に誰かの顔色をうかがってしまいます。

家族だったり、友人だったり、恋人だったり、職場の人だったり。

あるいは、駅員さんだったり、店員さんだったり・・・

例えば、shinamonの友人の1人に、

「父親に言われたから、(うるさいから)結婚した」と言われたことがあります。

結局、その友人は離婚してしまいましたが、その時ですら、

「私はどっちでもよかったんだけど、父親がさっさと結婚しろっていうから・・・」と言っていました。

なんだか、世間では、「結婚しなかれば一人前ではない」という目で見られるから、

結婚したという風潮があるようなのですが。。。

shinamonはピンときませんでした。

結婚こそ、人生の一大イベントであり、また、ギャンブルとも言えると思います。

一世一大の大博打。

そんな時でさえ、親の意見を優先してしまう。

そして、離婚した理由を、親に責任転換してしまう。

こんなことってアリ?と思ってしまいました。

自分の責任を放棄してまで、誰かの顔色を伺って生きることが、

そんなに大事なことなのか?と疑問視してしまいます。

でも、そのほうが、きっとラクなんでしょうね。

スポンサードリンク

でも、ラク=幸せではないとこの瞬間、shinamonは確信しました。

自分の責任で選択し、その結果を引き受けることこそ、大人としての成熟であり、

「自分のために生きていく」ということだとshinamonはおもうのです。

そのために、この「自分の人生を生きようよ」というブログを立ち上げて、

日々、あらゆる視点からフォーカスして、記事を書き上げているのですから。

自分の幸せのために生きることは、わがままなことではないよ。

結論から言ってしまうと、こうなる。

スポンサードリンク

だって、結婚するも、出産するも、しないも自由だよ。

何歳で結婚しようと、結婚して、週末婚だろうと、自由だよ。

当人同士の問題なんだから。

周りがギャーギャー言うことではないんだよね。

言わせておけばいいの。迷惑さえかけてなければ、なんでもいいの。

法律犯しているわけじゃあるまいし。世間体なんて、勝手に誰かが決めた枠でしかないの。

枠を超えたところで、自分ワールドを作り上げることの、何がそんなにダメなの?

言うてみなさいよってんだ。ちゃんと、根拠は必要だから、そのへん、よろしくね!!

こんな感じでオッケー。

我慢しないで、怒りたいときは声をはりあげて怒ろう

shinamonは、怒ることが苦手です。

だから、自分が我慢しさえすればいいんだって思っちゃう。

で、いっつも、我慢して我慢して、最後、バーンと爆発しちゃう。

でも、それも、結局は誰かの顔色を伺っているから、怒れないんだ。

そんなことくらいで、いちいち目くじらたてるなよって。

余裕のないヤツだなぁって思われたくないから。

いいかっこしぃなだけなんよね。

でも、怒りたいときは怒ってもいい。

それは、「困った人」「ウザい人」ではなくて、「魅力的な人」と思う人だって

きっといるのです。

「よくぞ言うてくれた!!」って拍手喝采あびるかもしれない。

みんな心の中で思っていたことを、代表であなたが言うた。

それは、とても勇気のいること。勇気のあること。

かっこいいことだって思う人だっているんです。

だから、怒ったっていい。負けるなよ、自分自身に。

それが、1番、かっこ悪いこと。

みんな、本当はわがままに生きたいと思っているってこと、知っているよ。

誰のためでもない、だれのせいでもない。

自分自身をハッピーな状態にすることが、あなたの第一にするべき本来の仕事。

自分自身をハッピーな状態に出来てなくて、だれをハッピーに出来るの。

彼氏?旦那さん?ご両親?わが子?職場の先輩?クライアント?

ノーノー。甘い甘い。

みんなオミトオシなんだから。あなた自身が幸せタンクが満帆でないこと。

そんな人に幸せにしてもらおうなんて思うわけないじゃない。

まずは、自分だよ。

そう思うことは、悪いことでもなんでもない。

罪悪感にとらわれる必要も、もちろんない。

安心して、まずは、自分自身をハッピー満タンに!!

相手にマウント取ろうとしている暇あったら、まずは、自分自身を自由に

ハッピーな状態にしていくほうがずっとずっと先だからね。

そこんところ、よろしくねん。

その他カテゴリの最新記事