コード・ブルーの主題歌『HANABI』の歌詞はこんなにも深かった?!【離日編】

コード・ブルーの主題歌『HANABI』の歌詞はこんなにも深かった?!【離日編】

前回、@このような記事をかかせて頂きました。

コード・ブルーの主題歌『HANABI』には2つの意味(花火と離日)があり、

それによって、『HANABI』とローマ字表記されているのではないかと結論づけています。

歌詞はこちらをご覧ください。

そして、今回は、2つめの意味である「離日」について考察した記事を書かせて頂きます。

ちなみに、ード・ブルーがDVD化されました。

(↓クリックするとamazonに飛びます)

 (

スポンサードリンク

『HANABI』の2つ目の意味である【離日】とは

shinamonは「離日」にすごい興味がわきました。

離日とは、「離(れる)日」ということです。

歌詞の中で最も印象的なのは「さよなら」というフレーズ。

印象的なので、歌詞の順番がテレコになっていますが、気にせずに先に結論を述べます。

さよならが迎えに来ることを最初からわかっていたとしたって

『HANABI』に隠された第二の意味とは、「離(れる)日」。

つまり「別れ」=「さよなら」という意味だと思うんですね。

そして歌詞を読み取っていくと、すでに「別れている」。

過去形です。

スポンサードリンク

それはこんなフレーズで表れていると言えるでしょう。

笑っていても泣いて過ごしても平等に時は流れる

この歌詞のフレーズを考えると、二度と会えない相手のようです。

時間は後戻りできませんからね。

この歌詞のフレーズがshinamon、とても現実ってとてもシビアだと思います。

笑っていようが、泣いて過ごそうが、平等に時は流れるって簡単に言いますけど、

本来、泣いて過ごしてるということは、何か悲しいことや辛いことがあったのだと想像します。

それでも、笑って過ごして・・・

つまり、人生エンジョイしまくって楽しく過ごしている人と平等に

時って流れるんですよね。待ったなしです。

スポンサードリンク

shinamon自身は、泣いて過ごしている時は、何かについて後悔していることが多くて、

その時ばかりは「時よ止まれ」ってストップウォッチを押したくなります。

人生のストップウォッチを。

あなたは、そんな時ありませんか?

深読みするのであれば、その別れは「死」だと思います。

確実に、人間、生きている限り、もっと極端に言うと、

吸う息吐く息1つ1つが「死」に向かっているわけです。

未来が僕らを呼んでる その声は今 君にも聞こえていますか

「君」って誰のことを指しているのだろうと考えました。

そして、「君」というのは、

「現在(もしくは未来)の自分」をさしているのかな、とshinamonは考えています。

君に心からありがとうを言うよ

いつか、「現在(もしくは未来)の自分」にありがとうって言える日が来たらいいなぁと思います。

それは、死ぬ直前かもしれない。

それでもいいから、現在(もしくは未来)の自分」にありがとうって言えるような人生を過ごしたいです。

自分の人生を生きたいです。

誰もみな 問題を抱えている

この誰もみな 問題を抱えていることこそ、「離日=死」ですよ。

人間、いつかは必ず「この現世から離れる日=死」が訪れますからね。

しかも、予測なしです。

結局のところ、人間、自分がいつ死ぬのかわからないからこそ、

一生懸命に生きようと思うのだろうし、精一杯悔いのないように生きたいと思う人がいるのだろうし、

だけど、いつ死ぬか分からない=死というゴールが見えないからこそ、

立ち止まってしまって、無気力になってしまったり、ゴールから逆算して自分に何が出来るのかが

分からなかったりするのだとも思います。

ちなみに、shinamonも、20代の時は、そんな感じでした。

ゴールのないマラソンをただひたすら走らせられてるようなものです。

給水スポット=つかの間の欲求を満たすことだったりしました。

shinamonはミスチルの大ファンなので、ライブに行くこともその欲求を満たす1つでもありましたね。

花火は、一瞬で大きく開き、爆発し、人を感動させ、

そして、かすんでいき、あっというまに消えて無くなります。

その一瞬を輝かせるために、どんな生き方をしていけばいいのだろうと思います。

想像さえもしていないし、

いや、むしろ結局は出来ないのかもしれないけれど。

だけど素敵な明日を願っている。

だって、そうしないと、結局、人間って生きていけない動物だと思うから。

人間は強いけれど、弱い。

いつか死ぬいつか死ぬとばかり考えて生きていくことなぞ、当たり前に出来ないんです。

結局何がいいたいのか

shinamonは。なんだかんだ言いましたけど。

それでも。1度でもいいから、自分で自分にありがとうって言いたくなるくらい、

自分の人生を生きたいと思います。

皆さんも自分の人生を生きようよ。ってことです。

この一言です。

だって、皆問題を抱えているんだもん。

だけど、素敵な明日を願って生きていくしかないんだもん。

だったら、自分の人生を生きていったほうがいいに決まっていませんか。

自由に。自分で勝ちとる自由を軸に。

(↓クリックするとamazonへ飛びます)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生は長いようで短い。

限られた時間の中で、自分には何ができるだろう。

何を成し遂げたいだろう。

そして、成し遂げるために、何かに遠慮して生きてはいませんか。

全く必要でないのに、人の顔色をうかがってはいませんか。

誰かの引き立て役になることで、自分の存在意義を確認してはいませんか。

かつては、私もそうでした。でも、もうそんな自分からは卒業したい。

だからこそ、このサイトを立ち上げました。

自分の人生は1度きり。誰かの人生ではなく、自分の人生を生きる準備は出来ていますか。

もし、まだ出来ていない人がいるのであれば、そろそろ、腹をくくるべき。

一緒に、それぞれの「自分の人生を生きていきましょう」

私がその方法を伝授します。

liberty-okay-media~自分の人生を生きようよ~

 

 

音楽カテゴリの最新記事