日本国民みんな大好き「桜」の花言葉や意味について。しかも種類まである!!?その①

日本国民みんな大好き「桜」の花言葉や意味について。しかも種類まである!!?その①

前回は、日本三大桜について書かせていただきました。

今日は、桜の花言葉について書かせていただきますよろしくお願いいたします。

桜は品種ごとに花言葉があるんです。

まずは桜全体の花言葉をご紹介します。

桜の花言葉は「精神の美」「優美な女性」です。

日本人はとかく桜が大好きだと思いますが、やっぱり女性と桜は華麗なほどにマッチします。

桜は日本人の精神性と深く結びついている花ですし、また繊細で可憐な桜の花は優美な女性を連想させます。

そんなところで、夜桜見ながらドンチャン騒ぎをしているサラリーマンのおっさんを想像するよりかは、

やっぱり女性と桜吹雪なんかねぇ・・・いい雰囲気です。大きなお世話か(笑)

西洋での桜の花言葉は「精神の美」「優れた教育」が知られています。

「優れた教育」というのが、日本とは少し違いますね。

西洋でいう、優れた教育とはどんなものをさすのでしょうか。

それは、アメリカの初代大統領のジョージ・ワシントンの子供の頃の逸話がありますね。

ワシントンが子供のころ、父が大切にしていた桜の木を誤って切ってしまいました。

それを正直に父に話したところ、その正直さをかえって褒められたっていう話し。

スポンサードリンク

この話しは、本当かどうかは定かではありません。

とはいえ、shinamonは、この話しを初めて聞いたときから、正直に言い出しにくいことを

しゃべることの大切さを子供ながらに理解しました。

やっぱり、嘘をついても自分で自分の首をあとからしめるだけ、だということを。

そういう意味でも、日本、西洋共通の、「精神の美」は顕著になっているのかもしれません。

まぁ、大人になるにつれて、その美しさも、どんどん濁ってくるのでしょうけど・・・まぁ、これ以上は言わないでおきます(笑)

染井吉野(ソメイヨシノ)の花言葉

そして、全国的に最も多く植えられているのがソメイヨシノです。

ソメイヨシノの花言葉は「純潔」「優れた美人」です。

ここでも、女性をイメージする言葉が出てきました。

八重桜(ヤエザクラ)の花言葉

ヤエザクラの花言葉は「豊かな教養」「しとやか」「善良な教育」などが知られています。

やっぱり、桜といえば、女性や教養、教育といった、日本人ならではの勤勉なイメージが出ているのではないでしょうか。

八重桜は、旭山桜(一才桜)をはじめ、花びらが沢山重なるように咲きます。

教養や教育は年齢や経験、知識、勉強を沢山重ねれば重ねること、深みが増してくるかと思います。

それと桜を例えてつけられたのではないでしょうか。shinamonももっと重ねていきたいです。

まとめ

やっぱり、桜と女性は、はかなく、切なく、そして、凛としてたおやかなイメージがあります。
つぼみから、五分咲き、満開、そして、散りゆく姿には、どうしても無常や、人間の生き様を感じずにはいられないです。

その②も続きます。引き続きお読み頂ければ有難いです。

スポンサードリンク

その他カテゴリの最新記事