天気痛とは何か。私はハメハメハ大王ではない!!症状を10個挙げてみた。

天気痛とは何か。私はハメハメハ大王ではない!!症状を10個挙げてみた。

雨の日が好きだと言う人はいますか?いたら手を挙げて教えて下さい。

私は、雨の日は1日とても憂鬱です。

朝起きて、あの、「ザーッ!!」とした音を聞くと、もう、会社に電話して、

「今日、体調悪いので1日お休み頂けないでしょうか。」って言うかどうか真剣に悩みます。

だって、本当にしんどいから。天気痛というらしいですね、

頭は痛いし、関節は痛むし、思考力低下するし、食欲は減退するし、何もかもどうでも良くなるし、

下手したら、前日の夜、寝床につくときには、「明日は確実に雨」ってわかっているレベル・・・

だって、すでにもう首や肩がドーンと重いから。

そして、起きると、やはり、予想は的中しちゃう、と。あぁ、雨だ・・・ってね。

スポンサードリンク

「もう、1日中寝かせてくれぇぇぇ!!!」て気が狂いそうになる時すらあります。

上司のご機嫌もこの時ばかりは取っちゃいられないっす!!拷問なんですよ。

私の機嫌をこの時ばかりはとって欲しいって心の底から思います。もちろん、口には出しませんけど。

だけど。行かなくてはいけない。山積みの仕事。納期。クライアントからの催促・・・考えるだけで、余計に頭が痛くなってきますよね。

なので、今回は、天気痛というものが、いかに悩ます人を悩ますのか、まとめてみました。

天気痛のメカニズム。

そもそも、天気痛とは何か?

それは、「気圧の急激な低下で起こる気象病」のことです。

最近は、この分野の研究がだいぶ発展したおかげで、対処策も分かりつつありますが、それでも、この天気痛、無い人は全くと言って無いんです。

なので、私が、どれだけ悲壮な顔で「正直、ツライ」とアピールしても、「会社休む(早退や遅刻も含む)ための演技」としか思ってもらえないです。

これは、私も今までに何十回と経験してきました。そして、その度に、そいつの首を絞め殺してやりたくなりました。これは、冗談ではありません。だって、仮病じゃないし。

↓に出てくる子供(ハメハメハ王)と一緒にしてもらいたくないですよ(笑)

http://j-lyric.net/artist/a00126c/l006e53.html

私は、まがりなりにも社会人たる、大人ですからね(苦笑)王様のように優雅な暮らししてるわけでもありませんし。

天気痛が引き起こす症状について

1.頭痛

もう、ぶっちぎりでまずはコイツですね。本当にめちゃくちゃやっかいです。

なぜ、頭痛がするのかというと、気圧が低下すると、交換神経の働きが活発になって血管が拡張し、頭痛を発生させる神経が刺激されるからです。普段から片頭痛を抱えている方は、その痛みがより一層増すという悪循環を引き起こしてしまいます。

2.めまい

そう。朝、ベッドから起きあがると、フラーっとするんですよね・・・

電車乗っててもそう。もう、今にも次の駅で電車降りてしまいたくなります。

なぜ、めまいがするのか。それは、耳の奥にある内耳のリンパ液の流れが変わるので、脳が身体のバランスが崩れていると勘違いします。これによって起こる症状が、めまいです。

3.吐き気

これもツライんです。だって、吐きたくても吐けないんですよ。あくまで、吐きそうな「気がする」から、「吐き気」ですもん。ずぅっと、胃に何かつっかえている感じ。出来るものなら、お腹を自分で切り裂いて、食べたものを全部出してやりたくなる症状にかられます。

車や船に乗ると、乗り物酔いを引き起こす人がいます。私が、まさにそうです。

これは、乗り物の加速と減速が不規則なことで内耳が刺激されることで発生するのですが、同じ症状が気象病の症状としても表れます。

4.首や肩のコリ

交感神経が刺激されると、筋肉が緊張した状態になって血行が悪くなります。そのため、肩や首を中心にコリを感じるようになります。また、首や肩の筋が痛くなる人もいます(私がそうです)。それは、慢性的な首コリや肩コリを持っている人は、無意識のうちに姿勢が悪く、猫背のようになっている傾向があります。(私がそうです)この状態で、気圧が低下すると、その痛みが増幅するのです。

5.動悸

交感神経が優位になると、からだが興奮状態になるため、心臓の動きが早くなって動悸がひどくなることがあります。

また、身体が緊張することでストレスが発生するので、体内では、「コルチゾール」というホルモンが分泌されることも、この症状の原因となります。

6.血圧の上昇

動悸と同時に起こりやすいのが、血圧の上昇です。高血圧の持病を持っている方は、症状が重症化しやすいので、薬を飲むなどの対策が必要かと思います。

7.眠気や倦怠感

気圧の低下は、交感神経だけでなく、夜に働く副交感神経も刺激します。

これによって、「眠気や倦怠感」が発生。これは本当に尋常じゃなく眠気はきます。もう、何もしたくない。とにかく、あくびはよく出ます。

8.気分が沈む、気持ちが不安定になる

自律神経の乱れはこころのバランスを崩します。

気分が落ち込む、イライラする(本当に上司のちょっとした注意や冗談にすら、カチン!ときます。受け流せなくなります。)。やる気が起こらないといった気分のムラについては、天候の変化が原因かもしれません。(いや、そうだと私は思っています。)

9.アレルギー反応の発生

アレルギー反応を引き起こす物質として有名な「ヒスタミン」も、気圧の低下で分泌が増えます。これによって、鼻炎や皮膚炎などが発生しやすい状態に。アトピーや喘息の発作も増してしまいます。

10.古傷が痛む

「天気が悪くなると、昔、ケガしたところが痛くなる」

これも、科学的根拠がありました。気圧が低下すると血液の循環が悪化して、酸素不足の状態になり、痛みを発生させる神経を刺激してしまうんです。

スポンサードリンク

これも、ツライんです。私は過去に骨折をしたことが何回かありますが、まぁ、もれなく、雨の日はズキズキと痛みます。そのたびに思い出してしまうんですよ。どんなシーンで骨折に至ったのか、とか。その前後にあったイヤ~な出来事とか。

・・・とまぁ、ザッと並べてみたんですけどね。私はこの中で、9.以外はすべて当てはまっておりまして、それゆえ、本当に雨の日は憂鬱なんですよ。

私の父親は高血圧持ちでして、モロに遺伝というか遺伝子を引き継いでしまっています。

なんとかしたい、天気痛からのこの症状!!

そんなわけで、どうにかしたいんですよ。でないと、日常生活に支障が出てきてしまいます。

梅雨入りに突入した瞬間、会社に辞表を提出したくなる症状にもかられてしまいます。

上司やクライアント様にキレて、こっちはその気がなくても、会社から辞表を提出させるようにもっていかれるかもしれません。

そんでもって、まぁ、いいかぁ。梅雨空けしてから仕事探すかぁと、それを受け入れてしまうかもしれません。大げさでもなんでもなくて、本当に、とにかく、家から1歩も出たくないんです。

何もしたくないんです。ずっと寝ていたいんです。

だけど、そんなわけにはやっぱりいかないから・・・対策方法を考えてみました。

やっぱり天気痛に対して即効性があるのは、コレだよね。

1.鎮痛剤

やはり、一番即効性があって確実なのは、薬に頼ることですね。

特にロキソニンはやっぱり即効性があってどうしてもお世話になってしまいます。

スポンサードリンク

後は、アネロンなんかもオススメですね。 

アネロンといえば、乗り物酔いをする人の救世主的なお薬なんですけど、さきほども書きましたが、天気痛と乗り物酔いの症状は非常に良く似ています。

めまいや吐き気といった症状の軽減にとても威力を発揮してくれます。酔い止め薬は脳の誤作動を鎮める効果がありますから、これから天気が悪くなると分かった段階で飲むと、症状がかなり緩和されます。

本当に、この2つの薬はとにかく、いい仕事をしてくれるのは確かなんですよね。私も、何十回とお世話になってきていますので、それは間違いないと思います。

ただ、私は薬を予防の手段として常用することに「待った!!」をかけたいですね。

なんといっても、怖いことがこんなにもあるんですよ。

1.副作用が怖い

2.痛みに対して、今以上に敏感になってしまうことが怖い

3.薬に対して耐性が出来てしまうことが怖い

やっぱり、お手軽な反面、リスクが大きすぎるのが欠点です。

本当に「どうしてもここ1番を乗り切りたい!!」という時以外はオススメ出来ないと思います。

特に、私が個人的に怖いと思っているのが、「2.について」ですね。

「痛みに対して、今以上に敏感になってしまう」ってこと。

では、薬以外にどうやって天気痛を緩和させていくのか。

結論から、言ってしまいますと、やっぱり日常生活の中で改善する」という方法がベたですけど、最善な方法だと思うんですよね。

長くなってきましたので、次回は、なぜ、「薬に頼ることが手っ取り早いけれど怖いこと」を複数挙げた中で、私は特に、2.が怖いと思うのか。

そして、天気痛を「日常生活の中で改善する方法」と、私のような、ガチで天気痛に悩んでいる人が、お願いしたい「真剣な提案」をご紹介させて頂こうかと思います。

スポンサードリンク

生活カテゴリの最新記事