GWも終わり、そろそろ五月病の症状が出始めるかもしれないから対策をたてる。

GWも終わり、そろそろ五月病の症状が出始めるかもしれないから対策をたてる。

連休もあけ、またいつもの満員電車に揺られて、学校や会社に向かう日々に戻ってしまうのが、

ちょっと・・・いや、かなり憂鬱な人はいませんか。

または、なんとなーく、体調が悪いなんて人もいるかも。

あまり憂鬱な日々が続くのは、あなたが「五月病」にかかっているからかもしれません。

今回は、五月病についてです。

スポンサードリンク

五月病の原因はコレだ。

ズバリ!五月病の原因は、ストレス!!

こういうと、身もふたも無いんですけど、

進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスが溜まりやすい時期なのです。

確かにそうですよね。かく言うshinamonも、新しい環境に馴染むのはとっても苦手で、

ゴールデンウィーク明けたら、おなかの調子が悪くなったり、ちょっとうつっぽくなったりはしていました。

「気の持ちよう」と言われても、なんとなく、調子が上がらなくて・・・そのまま梅雨入りに突入して、

さらに、頭痛に悩まされて・・・とかもザラです。

五月病は、病院などで使われる正式な病名ではない。

医学的には、適応障害、うつ病、パニック障害、不眠症といった病気があります。

その中でも、五月病の原因で一番多い病気は適応障害です。

正式名称は無く、俗に言う、「抑うつ状態(気分が落ち込んで気力や行動力が乏しくなった状態)」というものです。

ちなみに、適応障害とは

「ストレスが原因で引き起こされるメンタル面や行動面の症状で、社会的な昨日が著しく障害されている状態」を指します。

では、どうやって五月病対策するのか。

五月病は、ちょっとした心がけで、症状の改善や予防をすることができます。

一番は五月病の原因であるストレスの解消や疲労回復を心がけることですね。

ゴールデンウィークの間にリフレッシュもかねて、旅行に行ったり、親しい友人と会って、いろいろと近況報告してきた人もいると思います。

それだけでもストレス解消になった人もいるかとは思います。

ですが、もし、自分が「五月病かな」とちょっとでも不安に思ってしまったとしたら、以下のことを「やめる」ことをオススメします。

・完ぺき主義をやめる

・全く運動しないことをやめる  

・悩みを抱え込むことをやめる

あとは、そして、以下のことを「心がけ」てみてください。

・趣味に打ち込むことを心がける

・新たな目標意識をもつことを心がける 

・セロトニンを含む食品を摂取することを心がける

スポンサードリンク

セロトニンが不足するとこうなります。

セロトニンとは、脳内で情報をやり取りする時に使われる「神経伝達物質」の一つです。

50種類以上存在する神経伝達物質の中でも特に重要な役割を果たすものの一つで、

ノルアドレナリン、ドーパミンと並んで「三大神経伝達物質」とも呼ばれています。

ノルアドレナリンは怒りや興奮などの感情をつかさどり、ドーパミンは意欲や好奇心などの感情をつかさどります。

そして、これらの暴走を抑えて、心のバランスを保ち精神を安定させる役割を担っているのが、セロトニンです。

なので、セロトニンが不足すると、感情がコントロール出来なくなったり、そもそも、感情がわかなくなったりしてしまいます。

これは怖いですよ。感情を自分でコントロール出来なくなる経験を、shinamonは何回も経験してきていますが・・・

本当に、無気力になったり、かと思うと、急にキレそうになったり、泣き出してしまったり・・・と、

爆走してしまいそうなものを押さえ込むのは、思った以上にエネルギーを消耗します。

なので、なんとしてでも、セロトニン不足を阻止する必要があります。

セロトニン不足の原因の1つに、「連休中の遅寝遅起」もあります。

セロトニンが不足すると、睡眠の質にも影響が出てしまいます。

なので、セロトニンの分泌を促すためには、毎朝太陽の光を浴びるのが効果的です。

そして、セロトニン不足を補うため、バナナ・乳製品・大豆製品などを摂取することをオススメします。

肩の力を抜くこともすんごーく大切!!

そして、1番は、「頑張りすぎないこと!!」これにつきる!!!

現代人は、何もかも両立させようと頑張りすぎだと思ってるんですよね。仕事も恋愛も。

仕事も趣味も。学生だったら、勉強とクラスメイトの人間関係とか。サークルの人間関係とか。

なんか、私の友人も、大学時代、5月になったらサークルの人間関係で悩んでいたなあ・・・ってふと思い出しました。

それに、shinamonも、5月ってそろそろ新しい生活にも馴染んできたし・・・

ここいらで、ポジション良くしていきたいって、あれもこれもって、つい、張り切って欲張ってしまうんですよ。

でもね。なんといっても、自分の人生を生きるためにも、自分のことを大切に生きていきましょうよ。ってことなんです。

しょせん、他人なんて、自分のこと、3秒も真剣に考えていないんですって。

自意識過剰を少し和らげるだけで、セロトニン不足は解消するかもしれないね。

身体も心もバランスとれなくなっちゃったら、意味無いよ。

五月病なんて、すぃすぃ~っと乗り切っちゃいましょうよ。ねっ♪

生活カテゴリの最新記事