目標を持つ人と目標を持たない人がいるけれど、目標を持つことはそんなに大事なのか?

目標を持つ人と目標を持たない人がいるけれど、目標を持つことはそんなに大事なのか?

スポンサードリンク

目標を持つ人と持たない人がいるけれど

最初に、目標とは何か?について述べておきます。

 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。

 射撃・攻撃などの対象。まと。

 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。

(引用元:goo

1つめのちきりんさんのツィッターを読んで率直に思ったんだけど・・・

質疑応答ってことは、面接での一コマってことかな。

そうだと仮定して。

「こんなくだらないコメントをする経営者の元で働く時点で、

人生の半分以上がもう終わりだろ」って。

もはや、顔がひきつるレベルかな。

スポンサードリンク

男子大学生がさ、真剣に質問しているのだからさ。

そこは、大人として、経営者として、真摯に向き合って答えてあげなよ、って。

思うのはshinamonだけかな。shinamon、甘いかな。

でも、ほんと、学生も困るよね・・・

こんな経営者のいる職場で働かんで良しと思うよ。

目標を持つことはそんなに大事なのか?

もし、大学生にそう聞かれたら、shinamonだったらこうこたえるかな。

「そんな無理して、『目標をもつぞ!!』ってかまえる必要はないんじゃないかな」と。

だとしたら、次の

当社では失敗してもアウトとはいわず、再挑戦できるようにしていますね

といったセリフもスムーズに頭に入ってくると思うのよ。

「あぁ、今は無理に目標を持てと言われても難しいけど、

いざ、自分が目標を持って仕事に取り組もうと思ったとき、た

とえ、失敗してしまったとしても、自分が干されることはないんだな」っていう安心感。

こんな強いものは、無いよね。

悟ると思うよ。若者だって。これくらい。

だって、当たり前だけど、

(無能な)上司が、さも分かった風にして、新入社員に

「目標をもって仕事をすることが大事」とか言ってね、

むりやり作らされた目標を言わせたり、その目標を達成するまで

逐一、報連相(ホウレンソウ)させたり、

紙に書かせたりとかしている企業って今も多いとは思うんですよ。

でもさ、正直、「目標ってもたされるものではなくて、もつものじゃん」って思うのよ。

shinamon20代のころは、とにかく、上司や先輩に自分の目標をカミングアウトさせられたり、

スポンサードリンク

目標をもって、仕事をやらないと、「社内の鬼畜」扱いされたりしたわけですよ。

大げさでもなんでもなくて。よく怒られたし、居心地悪い思いもした。

目標を持てない人には、ロクな仕事を与えてもらえなかったりも、した。これはほんと。

だけど、自分が【なりたい自分になれるような職場】で働いているのならともかく、

別に大してやりたい仕事、一緒に働きたい上司や先輩がいるわけでもないのに、

「目標を持て」とか言われても・・・ねぇ。

ほんと、困るよね。

勉強ばっかりしていたって、社会人になって目標を持てる人は持てるってばよ。

大学生、なめてんじゃねーぞ。

shinamon、だいがくせいになったことないし、

もう二度と20代の大学生にはなれないけど、そう、思うかな。

とはいうものの、やっぱり目標をたてるとこんなメリットはあるのよね。

2つめのツィッターの内容でこんな記事を発見した。

失敗の共通項

取材の最後、

「成功する選手と失敗する選手、それぞれに共通することはありますか」

と聞いてみた。

目を閉じてしばらく考えた後、こう答えた。

「成功する選手は正直分からない。それぞれにあるんだろう。
でも失敗する選手は共通している。自分が何をすればいいのか分かっていない。
その日グラウンドに来て『きょう何しよう』と考えているようでは1歩目が違うよ」(井端さん)
(引用元:星野監督についたうそ NHKニュース)

目標を立てることは、確かにメリットは大きいです。

なぜなら、「物事に対してモチベーションを維持できるから」

こう言ってしまっては、身も蓋もないのだけど、やっぱり、

・「自分はどこへ向かうのか」

・「自分が目的を果たすためにすべきことは何か」

・「自分のモチベーションが下がったときに何をよりどころにするのか」

この3つの指針があるだけで、

やっぱり、「なりたい自分」になれるスピードは圧倒的に早い!!

目標を持たないと、どうなってしまうのか

個人的に目標が持てないことに対して、最終的にどうなってしまうのか。

これはあくまでもshinamonの考えですが、

「まるで水を得ない魚の様」になってしまうと思うんですよ。

水を得ない魚=死んじゃうよね。

スイスイと世の中を楽しく泳げる水を得た魚のように生きていきたいとshinamonは思う。

だって、水を得ないと、思考能力も欠如しちゃう。

考えるのをやめてしまったら、もう、ただ言われるがまま、流されるままになってしまうのって、

どうだろう。確かに楽だけど、毎日楽しいかな。

あとは。

あと、最終的な目標が明確になっていないと、

結局のところ、小さな成功はその時だけのものとしてとらえてしまうと

shinamonは思うのです。

すると、自分がどんな一歩を積み重ねたのか理解できず、不満が募りやすくなるのです。

愚痴ばっかり言っていいる職場の先輩や同僚、プライベートでの友人いませんか?

たぶん、これ、なんですよ。大元は。

失敗するのは別にいいんだけど、失敗しても、その打開策はおろか、

「失敗したことすらどうでもいい」って思ってしまう。

その思考ってとても危険だと思うんです。

だとしたら、いつの間にか、ロボットみたいに

【ただ、言われた仕事をこなす】だけになってしまい、

自分の人生、自分で考えることが出来なくなるし、

だとしたら、相手の思い通りに動かされているだけの、

しょうもない人生を送ってしまうことにもなりかねないと思うんです。

スポンサードリンク

shinamon、そんな人生絶対いやです。

あなたはどうでしょうか??

まとめ

簡単に言いますと、

・無理に目標を持てと言われても、無理なものは無理。

・だけど、目標を持っている人よりも目標を持っていない人のほうが失敗もしやすい。

・目標を持たないと何かを達成するときのモチベーションは保ちにくい。

・目標を持たないと、愚痴が増え、不満もたまりやすい。

・目標を持たないと失敗したことすらどうでもよくなってしまって、相手の思い通りに動かされやすくなってしまう。

肩の力を入れすぎることなく、1歩1歩前進していきながら、

自分の人生を生きようよ。って声をあげたくなりますね。

その他カテゴリの最新記事